正しい銘柄選びができないと損失は増える一方です。銘柄選びに自信がない人は、一度銘柄選びの基準について学んでみましょう。

  • ホーム
  • アコーディアゴルフに闇の株の力があります

アコーディアゴルフに闇の株の力があります

話している男性

アコーディアゴルフに闇の株の力があります。
ゴルフ場運営で国内最大手のアコーディア・ゴルフは、保有するゴルフ場の大半を販売したのです。

シンガポールの投資法人に売却する方針を固めたといわれています。
売却額は1000億円強になります。
売却後もゴルフ場の運営はアコーディアが続け、投資法人から運営委託料を受け取ることになったのです。

ゴルフのブームは過去と比べると下火になりました。
以前は企業の接待などにもゴルフが盛んに取り上げられていましたが今は減少しました。
ゴルフの会員権も販売が購入を上回り運営が経営危機になっているクラブも散在します。
アコーディアゴルフにもしわ寄せが押し寄せたのです。

ゴルフ場、練習場、用品業界、ティーチングのそれぞれの市場の現状で未来予測ができなくなっています。
たとえば、ゴルフ人口については、団塊世代のビジネスツールとしてゴルフが使われたのは過去の話です。
今後は自然発生的にゴルフブームが再燃する期待はできないです。
総人口の減少、保有自動車数の減少も拍車をかけているといわれています。

ゴルフ人口1200万人(1994年)~840万人(2012年)に減少しました。
ゴルフ場市場1兆9610億円(1992年)~ 9010億円(2013年)に落ち見ました。
ゴルフ練習場市場3140億円(1993年)~1290億円(2013年)に落ち込みました。
ゴルフ用品市場6260億円(1991年)~3400億円(2013年)に落ち込みました。

ゴルフ人口の推移、ゴルフ業界へのお金の動きをみると現在はゴルフの時代ではありません。
またインターネットを検索してみると今後もゴルフ業界には明るい見通しが来ないのではと言われています。

サイト内検索
人気記事一覧